DQⅣ

マダンテ修得、そして遠足へ☆

☆プレイ日記2日目☆

今宵もさっそくメタキンに逢いに行きました♪



この日のメタキンは大漁☆

調子が良いと、メタキンはかなりの頻度で出現してくれるのでウハウハっすhappy02

逃さず倒せるのかといえば話は別ですが・・・。



メタキンを倒し続けて数時間・・・・・・ついにピサロ殿のレベルが60に上昇!!


い~~~~~~っよっしゃあ!!!!


やっとこの瞬間がきましたよ♪♪

ピサロ殿の呪文項目にマダンテを確認!うわ~~~超カンゲキです☆

他にも『ジゴスパーク』や『凍てつく波動』を覚えてくれましたよ♪





そしていよいよ決戦・・・・・



・・・・・に行く前に、装備をチェック☆

多少なら防御を無視した装備も良いはずなので、

やいばのよろい』をチョイスしてみました♪

これで少しは自分たちがどんだけ痛い攻撃をしているのかを理解して貰えるはず(笑)




後は・・・ハンカチも持ったし、ティッシュも持った、お菓子も300円以内に収めたし、おにぎりも梅とタラコにした!

おっし!準備はOK!!

それではエグチキ討伐遠足に出発しんこ~~♪






道中はトヘロスを唱えたのでラクチン♪レベルが上がったのは勇者たちも同じですからね。すんなりエグチキのいるフロアへ到着です。



おぉ~エグチキ発見~☆



相変わらず暇そうだなぁ・・エグチキ!てなわけで・・・・・




さあ・・・・・やろうか・・・・・!!






開始早々にピサロ殿がすべての魔力を解き放つ!!

1400前後のダメージを喰らわせました!

勇者はギガデインorギガソード、アリーナはキラーピアスで攻撃、マーニャはイオナズンorメラゾーマで後に続く!


その結果・・・・・・




Dq_2

見事(?)4ターンで撃破出来ました♪

目的である『5ターン以内撃破』はなんとかクリア☆


次からは少しずつターン数を減らしていきま~す☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

プレイ日記初日 メタキンを探せ☆

~プレイ日記 初日~

エグチキを1ターンで撃破するには、莫大な労力が掛かることが分かりました(今さらかよ)

ハッキリ言って予想以上・・。

うぅ・・・さすがにエグチキ1ターン撃破は無謀でした(笑)軽率ですrain

しかし、せめて『5ターン以内」ぐらいには倒したいぜ・・。

というわけで、路線変更してレベル上げ開始です♪





攻略サイトを見ると、ピサロがLv60で覚える『マダンテ』がキーになるようですな。

MPの3倍のダメージが与えられるので、同時に木の実でMPを補強すると尚良しとのこと。

なるほどね・・。

不知火のピサロはまだ『マダンテ』を覚えていないので、まずはピサロに『マダンテ』を覚えさせないといけません・・。

善は急げ!さっそくメタルキングを探しに、ゴットサイド周辺に行きました♪




☆メンバーは以下の通り☆

☆勇者Lv46 ☆ピサロLv43 ☆アリーナLv48 ☆マーニャLv46

勇者の『はぐメタ剣』、ピサロの『まじん斬り』、アリーナの『会心の一撃』に期待しつつ、マーニャの『どくばり』で攻撃!一応これがメタキン撃破戦略っす。






そして、ゴットサイド周辺でくちぶえを吹き始め数分・・・。

今日初めてのメタキンが出現!!(しかも2匹)






さあ・・・やろうか・・・!







開始早々まじん斬りが炸裂し、まずは1匹ゲット♪

もう1匹は・・・・残念ながら逃げられてしまいましたrain

その後はゲット&逃すを繰り返し・・・・・・・

なんと!ピサロはLv51まで上昇しました♪




Lv51まで上がったところで今日のレベル上げは終了☆

このペースならLv60も近い・・・・かな?


| | コメント (4) | トラックバック (0)

いきなりエグチキ

さぁ!プレイ日記書きますよ☆

実は・・今DQⅣをプレイ中なんです。すでに第6章ですが(笑)

も一回最初からプレイするのも考えたのだけど、キッチリとエビルなんたらを倒してエンディングを迎えてからにします。後味悪いですし・・。

というわけで・・・・エグチキの「ニワトリorタマゴ論争」に首を突っ込んでます♪すでに何回か勝利済みなので、あと残すは兜だけ♪(そういえばダンディーなおじ様がいたような)

・・・・そういえば聞いた話によると、

『1ターンでエグチキを撃破』出来るらしい・・。

ふっふっふ・・・、ひらめいたぞ♪

そうです!このブログでは当面の間、

『1ターンでエグチキを撃破』を目標にします☆

プレイヤーがとんでもない根性無しなので、途中で燃え尽きる可能性大ですが・・・。

本格的な日記は明日(今日?)から始めます(^o^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)